現在では主にビジネスフォームの一部、シール・ラベル、原色版、弾力のある樹脂凸版を使用したフレキソ印刷による段ボールなどの印刷に用いられています。最も歴史の古い印刷方式です。
凸版印刷は、表面に凹凸のある版の山(凸)部分にインキを乗せて紙に転写する印刷方式です。同じ原理で転写するものには、印鑑や木版画があり、活版印刷などが凸版印刷にあたります。
《特徴》
版の山(凸)の部分にインキを乗せて、圧力をかけて紙に転写をするため、力強い輪郭のシャープな文字を印刷することが可能です。反面、紙に直接圧力がかかるため、紙にシワがよったり、印刷面にへこみがつくことがあります。
また、版面の高さが一定なので、写真などの連続階調表現はあまりきれいに再現することが出来ません。直接圧力をかけて印刷するため、小さい文字などもつぶれてしまう可能性があります。
前へ 次へ
プロフィール インフォメーション ラーニング 楽屋裏 ホーム