高精度な写真の再現性を生かして、美術書や写真集、フィルムやビニール軟包材への印刷に用いられています。現在でも雑誌の写真ページなどがグラビアページと呼ばれるのは、以前グラビア印刷で再現していた名残りです。
凹版印刷は、表面に凹凸のある版の谷(溝)の部分にインキを流し込んで転写する印刷方式です。同じ原理のものには版画のエッチングやアクアチント、メゾチントなどがあり、写真製版を用いたグラビア印刷などが凹版印刷にあたります。
《特徴》
溝(凹)にインキを流し込み、版に圧力をかけてインキを押し出して紙に転写するので、凸版印刷のように紙にシワができたり紙にへこみが生じることはありません。くぼみ(凹部)の深浅で濃淡の階調が変化するので、自然な連続階調の再現が可能です。
写真製版によるグラビアは階調の濃淡を網点の深さとサイズ(明部は小さく浅い点、暗部は大きく深い点)で表現します。オフセットの網点よりも微細な濃淡が表現できるので、写真など豊かな階調の再現には最適ですが、シャープさにはやや劣るため、細かい文字や、細い線などの再現にはあまり向かない方式です。
また、製版コストが高額で版に耐久性があるため、大量印刷には向きますが、小ロットの場合には単価が非常に高くなってしまいます。
前へ 次へ
プロフィール インフォメーション ラーニング 楽屋裏 ホーム