曲面にも印刷が可能なため、紙以外の素材(布・ガラス・金属・プラスチック等)に用いられることが多いのが特徴です。プリント基盤や計器の目盛り、液晶ディスプレイなどにもスクリーン印刷が利用されています。大きなサイズの印刷も可能です。
孔版印刷は布の網目を利用して版の穴からインキを通して転写する印刷方式です。同じ原理のものには、シルクスクリーン印刷がありますが、以前はシルクを版として使っていたことからシルクスクリーンと呼ばれるようになりました。
《特徴》
100〜300メッシュのナイロンや金属糸で編まれたスクリーンを枠に固定して、非画線部に当たるスクリーンを覆い、版に透過部分と不透過部分をつくります。カッティング法では絵柄部分を切り抜いた型紙を使用、写真製版法では感光液を塗布後、ポジを焼きつけ水で洗い出します。型紙や感光液で覆われていない部分はインキが透過することになります。印刷対象物の幅が広いので、紙以外にも、金属、フィルム、電子部品の配線など幅広い印刷が可能です。
インキの被膜に厚みがあるので、印刷面にボリュームがあり、隠ぺい性にも優れています。
版がメッシュ状で線数が粗いため、細かい文字や詳細写真、なめらかなグラデーションなどは再現性がやや劣ります。
前へ
プロフィール インフォメーション ラーニング 楽屋裏 ホーム