宣伝印刷・出版印刷を中心としたポスター、カタログ、雑誌、書籍、パッケージetc..一般商業印刷全般に幅広く使用されています。現在ではオフセット印刷が主流で、一般オフセット以外に紫外線で硬化するUVインクを用いたUVオフセット印刷などがあります。
平版印刷は、版の同一平面上に、水と油が反発する現象を利用してインクのつく部分とインクのつかない部分をつくり、転写する印刷方式です。同じ原理の石版(リトグラフ)が平版の原点で、オフセット印刷が現在の主流です。オフセット印刷ではPS版といわれるアルミの板に感光剤を塗布したものにフィルムを焼きつけ版を作成、印刷します。
《特徴》
油性のインキを付着させる親油性の画線部と、水を保つ親水性の非画線部が同一平面上にあるため、水で版面を湿らせ、次に油性インキをつけると、水と油の反発作用で画線部にのみインキが付いて印刷ができます。オフセットは絵柄を一度ブランケットに転写(off)してから、紙に印刷(set)することに由来しています。
版が平らなため、インキ層の厚みが少なく、印刷面の力強さはやや劣りますが、色の濃淡を網点の大きさで表現するため、文字・写真どちらの再現にも適性があり、大面積のカラーが早く安価に刷れるので一般的に幅広く利用されています。
次へ
プロフィール インフォメーション ラーニング 楽屋裏 ホーム