素材として紙を使用する時に、紙についての基本事項を念頭におくことは、未然に製造上のトラブルや失敗を防止することにもなります。紙素材についてのきまりごとをまとめてみました。
紙は1000枚を「1連」(板紙の場合は100枚=「1連」)というまとまった単位で呼びならわしていますが、紙の厚さは原紙1連あたりの重さ/(Kg)で表されます。四六判/110kgという紙は、四六判1000枚のが110Kg(110g/1枚)という内容を表していることになります。例えば同じ厚さの紙でも、紙サイズが違えば1000枚あたりの総重量は変わってしまう為、1連で表示した場合のKg連量は異なります。また、Kg表示ではサイズが異なる紙どうしの厚さを比較するのが面倒なため、「メートル坪量」「米坪」と呼ばれる1m2あたりの紙の重さ(g/m2)で表示する場合もあります。
紙の連量や坪量を知りたい場合には、次の式を使ってそれぞれの重量を計算することができます。
連量 = [紙]  メートル坪量(g/m2)×面積(m2)×1000(枚)
[板紙] メートル坪量(g/m2)×面積(m2)×100(枚)
メートル坪量 = [紙]  連量(kg)÷面積(m2)÷1000(枚)
[板紙] 連量(kg)÷面積(m2)÷100(枚)
次へ
プロフィール インフォメーション ラーニング 楽屋裏 ホーム